着物は自分で着る

  男のきものの着方は、女物と比べるといたって簡単。帯結びさえマスターすれば覚えたも同然です。
  最大のポイントはやはり帯の締め方。ツボにはまった締め具合を体験するにはやはり自分で覚えること。
  一番最初は、最もベーシックな和服姿、長着と帯だけの“着流し”に挑戦してみましょう。このスタイルが
  基本となります。何度か練習すれば、必ずマスターですきますから、鏡の前で頑張ってみましょう。


▼最も基本的な“着流し姿”になるまでの手順
肌着を着けて、足袋を履く 足袋の履き方はこちら
襦袢を着る 長襦袢の着方はこちら
長着を着る 長着の着方はこちら
帯を締める 角帯の締め方(貝の口)はこちら

  着物は男女とも“右前”になるように、前を打ち合わせ着ます。そういうデザインの服装です。
    正面から見て上前の衿が左肩上から右下に向かって斜めに横切っていればOKです。
    右前というのは、右側の布を手前、つまり身体側に付けるように着ること。
    上前(うわまえ)とは、着物を着たとき一番外側になる布地の部分。
    下前(したまえ)とは、着物を着たとき身体に近い側になる布地の部分。
    左前(ひだりまえ)とは?
  このサイトの解説手順と異なりますが、帯は前で結んだあと、後ろに回す方法でもOK。
  帯の締め方は、「貝の口」だけ覚えれば最初は十分。うまく出来たら他のものも覚えましょう。。

  新調した着物を着るときは“仕付け糸”を取り除くのを忘れずに!特に外出時は注意。

  上記以外にも、着物の着方を詳しく知りたい人はこちら

着方のコツ

  「男のきものは腰で着る」と言いますが、これは全くその通り。着慣れてくると当たり前の所作として
  身についてしまいますが、他にも注意点をいくつかあげておきますので、何度も着たり脱いだりを繰
  り返して、ツボを得るまで練習しましょう。そしてあちこち出かけてみることをお勧めします。

▼着慣れた姿とラクな着心地を得るためのポイント
女性のように着物の後ろ衿は抜いて着ない(“うなじ”を広く見せて着ない)。
襦袢や着物の前ををあわせるときは衿先を持ち、左右の腰骨部分に引き寄せて着る。
着物を着るとき、左右の裾先をほんの少し上に持ち上げるようにして腰に合わせる。
襦袢や長着を着るときには、帯から上の背中部分にゆとりを持たせる。
帯を締める位置は腰骨の真上。おヘソの上に締めると苦しいだけでなく着崩れもしやすい。
帯は前下がり、後ろ上がりに締める。そうならない場合は、位置が正しくないか補正が必要。
着終わったら、足を開いて腰を低く下ろし、裾を割った姿勢を取ると動きやすくなる。

着物を着たら背筋を伸ばし姿勢を正しく保ちましょう。胸を張って歩くだけで着慣れた貫禄が。

補正の仕方

  ウエストが80cm以下の人で、帯がどうしても安定しない場合は、タオルなどでお腹回りを補正します。
  男性の場合は、ほとんどの場合、腰回りの補正だけで十分です。補正の手段は、昔ながらに晒しを
  一反巻きつける方法もありますが、着るたびに巻くのはやはり面倒ですよね。

  そこで、自分専用の補正グッズを自作しておくとこの上なく便利です。ここに紹介する補正パッドは、
  私が学生の頃愛用していたオリジナル品。簡単に作れて形も崩れにくく、洗濯もできるスグレモノです。
  補正で悩んでいる人はぜひ一度お試し下さい。これを参考に自分でも工夫して色々作ってみましょう。

  補正は最小限とするのがポイント。必ずしも補正が必要ではありませんが、細身の人は一度試してみては。

★特製ウエスト補正パット(本邦初公開)
材料 晒木綿、タオル、手拭い

作利方 写真のように手拭いで折りたたんだタオルや晒しを包み込み、
両端に紐を取り付けて縫い止めるだけ。
大きさ(横幅)はウエストサイズの約半分になるようにします。
縦幅は角帯の幅よりも少し広めの12〜15cmくらいに。
予め、1本70cm〜80cm程度(ウエストサイズと同じか短め)、
幅2cmくらいの紐を晒で作っておきます。
中に入れるタオルや晒しは体型に合わせて枚数を調節。
(通常タオルを1枚〜2枚重ねて入れれば適当だと思います)
中身のタオルは端が捲れないよう、雑巾縫いをしておきます。
見栄えを考えたい人は手拭いで全体を包んで縫うとオシャレ。
ミシンがあれば簡単に作れるので、何個か作って取替え利用を。


作成例
縫い止める前はこんな感じ

できあがり。カタチは気にしなくても大丈夫

使い方 肌襦袢など肌着の上からこの補正パッドをあてがって使います。
タオルを入れた布団部分を下腹に当て、紐を一度後ろに回して
交差させ、一周して前に持ってきてから布団部分を押さえるよう
にして結んで止めます。これは裾よけと同じ要領で。
紐を前で止めるときは、腰紐の要領で縛るだけでOKです。
余った紐は左右に振って、下がらないように絡めておきます。

  紐部分は、古くなった裾よけや腰紐をそのまま使ってもOKです。
  手拭いは百円ショップで売っているもので十分です(写真の手拭いもそう)。

  お尻が出っ張り気味で帯がずれてしまう人は、少し薄く小さめにこれを作り、
   逆に背中側に置くように使うといいでしょう。背中用に作るときは、紐を短め
   にして前で結ぶようにします。越中ふんどしを利用すると簡単にできますよ。

着崩れの直し方

  帯さえしっかり締まっていれば、一日中着ていてもさほど大きくは乱れないもの。男の場合、着崩れする
  場所は、腰まわりと衿まわりがほとんどですから、ここで説明するポイントだけで大抵は大丈夫です。
  ちなみに、きものは着崩れて当然。これは窮屈でない服の証拠でもあります。着崩れゼロを実現する
  着装方はありません。着崩れに気が付いたら、手早くさりげなく直します。こんな所作が必要なところ
  にも、きものならではの風情が潜んでいるのです。

▼自分でできる着崩れの応急処置
帯がずり上がったとき 帯に親指を挟み入れて上から下に押し下げる。
帯が緩んだとき 解ける前に途中まで解いて緩んだ帯をに締め直す。
衿が緩んで広がったとき 帯の下から、襦袢、長着の順に衿先を下に引っ張る。
裾が広がったとき 長襦袢、長着の順に、それぞれの下前、上前を、横
  方向に引っ張って元の位置に整えます。引っ張る時
  は、帯の上下の衿部分をつまんで。同時に衿の崩れ
  も整えます。

着物の各部を引っ張って直すときは、力を入れすぎて縫い目を破らないよう注意しましょう。
着崩れの起こる頻度や程度は、着慣れたかどうかの目安にもなります。自分なりの対策も。

自分ひとりで着られるようになると、ますます着物が楽しくなります!






戻るHOMEへ次へ