地元で初めてのオフ体験!?
1998年7月(山本うまこ さんと)
きものくらぶや鈴源村でもお馴染みさんの、名古屋にお住まいの山本うまこさん(これはペンネーム)が、お仕事の出張で私の住む町にやってこられました。急な平日のことだったのですが、なんとかお会いすることができました。うまこさんはこの日の昼間、京都で沢山のきもの仲間と楽しくすごされたとのこと。私は一度帰宅して着物に着替え、待ち合わせのホテルのロビーへ。少し遅い夕食をご一緒しました。そうそう、お仕事は残念ながら着物ではないそうです。(^^;


山本うまこさん。着物はまだ着始めて2〜3年とか。
とてもそうは見えない貫禄の漂う和服姿でした。(^^)


久しぶりにきもの仲間とおしゃべりができて、とっても楽しい夜でした。京都での話やゴールデンウィークのきものくらぶ鈴源訪問の話などたっぷり聞かせてもらいました。まだまだお話したいことはたくさんありましたが、お会いできてほんとに良かったです。またいつかお会いしましょうね。



実はこの日のうまこさんのお召し物は、言わなきゃわからない、一見紬風の木綿の浴衣。お太鼓帯や襦袢の衿が見えるだけで浴衣には見えません。足元は塗りの下駄に白足袋でした。浴衣は浴衣、なんて決め付けないで、色柄によってはこんなに素敵に着こなせるよいお手本だと思います。男女問わず、みなさんも自分なりの取り合わせで浴衣を「木綿のきもの」に変身させてみましょう。

一方、私が着ているのは、麻の作務衣もどきの上衣と野袴。一見するとお坊さんみたい?足元は右近下駄に茶の色足袋。下に着ているのは作務衣用の肌襦袢です。



うまこさんとのツーショット!?決して怪しいデートではありません!!

※ご本人の許可を得て、無修正で画像掲載させていただきました。




Copyright Iori Hayasaka 1998. All Rights Reserved.