「雑誌「蘇る!」の取材」


熟年向けの健康生活情報誌、「蘇る!」2000年1月号(12月10日発売)の、「着物で愉しむ日本のお正月」という特集の中で、私も参加した着物好き仲間の集まりが紹介されました。この特集ページは、VANの石津謙介氏や作家の早乙女貢氏、近藤富枝さんらのきものライフの紹介、あの池波正太郎氏の和服指南を紹介したページ、着物評論家 森 恵子さんによる「着物で魅せる女優たち」というシネマの世界を着物という視点から見たお話など、盛りだくさんの23ページというボリュームの特集です。


この中で、「着物を愉しむ仲間たち 男たちよ!着物を着よう」と題したコーナーで、きもの好き仲間の会合の模様が掲載されています。この会は私が主催する会ではありませんが「士士の会」といい、呉服屋、染物屋、公務員、サラリーマンなど多彩な顔ぶれで構成された会で、「男のきもの大全」同様、きものに市民権を得よう!といろいろな意見を交える頼もしい会です。当日は私もお誘いを受けて参加したのですが、メンバー全員が着物好きなのがとにかく嬉しいざっくばらんな会でした。

今まで、きもの関連業者の方々ときものを着る消費者が、こうした接点で直接語り合う機会は非常に少なかったと思います。そうした意味では、この「士士の会」の存在は非常に意義のあるところ。まあ、実際のところは、単なる飲み会とも言えますが(^^;、こうした和気あいあいなムードの会が各地でもたくさんできるといいですね。

     
取材撮影のヒトコマから。右の写真で一緒に写っている粋な男性は、「菱一」の社長、桟敷正一朗さん。
他の参加者の皆さんをご紹介できないのは残念なところですが、ぜひ本誌誌面でご覧下さい。





1999年12月26日 掲載

  

Copyright Iori Hayasaka 1999. All Rights Reserved.