「当サイト掲載2誌の紹介」


はじめは、淡交社の「なごみ」という茶道の月刊誌2000年7月号です。この号の特集は「男性にきもの、薦めます」というもの。お茶席での和装中心ながら、茶道以外で着物を着用している方々の紹介や、季節柄ゆかたの紹介など、かなりのボリュームで男のきもの姿が楽しめます。


淡交社HP : http://tankosha.topica.ne.jp/


で、当HPが紹介されているのは、「初めて和服を買うの記」と題したページの中。これは作家の小林恭二さんが、銀座の呉服店で一枚のきものをオーダーするまでの顛末を綴ったもので、原稿をお書きになったのはもちろん小林先生ご本人。たまたま取材当日に同店に居合わせた私のことを、この記事の中でご紹介頂いています。というのも、文中にある通りなんですが、途中から小林先生の買い物の品選びにお店の方と一緒になって、あーでもないこーでもないと、ご本人そっちのけで品定めしたため(^^;。結果的にご満足頂けたようで何よりでしたが、ちょっとめずらしい紹介のされ方でした。ちなみに、今回私は写真には写っていません。


続いて、こちらはPR現代発行の、和の生活マガジン「SAKURA桜」という月刊誌。同じく2000年7月号(文月号)で当ホームページを紹介して頂きました。「お茶の間のつぼ」という情報掲載のコーナー(P.34)に載っています。最近出版された中村玉緒さんの「玉緒の「着物」の喜び」という本と並んで紹介されてます。この「SAKURA桜」という雑誌は、毎号和風なアイテムや情報を掲載していて和モノ好きな方にはお薦めです。本屋さんでは売っていないのですが、下記のホームページからバックナンバーの購入や年間購読の申込ができますので一度チェックしてみて下さい。


2000年7月号

「街で見かけたきもの美人」募集中!

こちらの雑誌では「街で見かけたきもの美人」 というコーナーがあり、このコーナーに登場して下さる方を常時募集しているそうです。PR現代さんの記者の方が、街で見かけたきもの姿の方に撮らせてもらった写真や、読者の投稿による写真がカラーで大きく掲載されますので、自分の着物姿を雑誌に載せたいって方は是非申し込んでみては?最近は街中できもの姿の女性を見かけることも少なく、また応募の方も少ないそうなので、採用される確率高しです。現在のタイトルは「きもの美人」ですが、男性の投稿も大歓迎だそうです。カップルで和服姿なんていい記念になると思いますよ(^^)。
ちなみに、写真投稿の場合は、住所、氏名、写真についての一言コメントを添えて送れば、後日掲載誌を送ってもらえますよ!お問い合わせは下記まで。

(株)PR現代「SAKURA」編集出版部
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町2-1-1 藤和堀留町ビル
TEL 03-3639-1256 FAX 03-3639-1250
「SAKURA」のホームページアドレス http://www.pr-g.co.jp/




2000年6月25日 掲載

  

Copyright Iori Hayasaka 2000. All Rights Reserved.