1997年12月


皆様、今年一年ありがとうございました
(といっても、このホームページを開設してからは1ヶ月も経ってないけど)。
「男のきもの大全」を来年もどうぞよろしくお願いします。

1997/12/19 東京浅草の羽子板市に行ってきました
色とりどりの羽子板 12月というのに出張続き。今週も東京でお仕事です。いつも利用する入谷・浅草のビジネスホテルが全部満室で困ってしまいましたが、原因はどうやら年末の風物詩、この浅草羽子板市のせい?ともかくホテルは別の街でとり、仕事を終えてから、せっかくなので羽子板市に行ってみました。今日12月19日が最終日で結構な人出でしたが、もう夜の7時近いこともあり、歩けないほどではありません。とにかくキレイ奇麗!たまにはこういうのを眺めながら仕事を忘れて散歩するのもいいもんです。

今年の「作品」は故ダイアナさんや、タイガーウッズの羽子板なんかがありましたが、何といっても人気があるのはポケモン羽子板です。子供のおみやげにと思って探したけど1枚もなーい!仕方ないので千円の一番安いやつをお土産に買いました。あとで性懲りもなく寄り道した「ちどり屋」さんで聞くと、「近所にある羽子板の専門店で平生買ったほうがぜんぜん安いよ。」、だって。しっかし、そんな専門店まであるなんて恐るべし浅草!

ちなみに今日の服装は、仕事帰りなので残念ながら和服じゃありませんでした。
来年はぜひとも和服着てもう一度来たいなあ!

1997/12/25 お正月に履く雪駄の鼻緒を挿げ替えてもらいました

お腹が出てきたせいで、着物の裾が随分上がってしまって着丈が短くなってしまったのが残念!(^^;
そのうち寸法なおしが必要かも。
今日はクリスマスですが、会社の帰りに履物屋さんに寄り道して、お正月用の雪駄の鼻緒を別なものに挿げ替えてもらいました。あんまり選ぶほど置いてありませんでしたが、写真の茶色の鼻緒にしました。前のより少し太目の鼻緒にしたので履きやすくていい感じです。下の写真が前についていた鉄紺の鼻緒です。これもまだ新しいので大事にしまっておくことにします。鼻緒のきつさも丁度いいし、これならお正月あちこち歩き回っても大丈夫でしょう。ちなみにこの鼻緒は2300円で、挿げ替えるのに10分くらいでした。さすがプロの仕事です。

ちなみに、鼻緒を調整してもらう時は、一度履いてみて(裸足でいい)ちょっとキツイかな?と思うぐらいがいいです。足袋を履くとまた少しキツく感じますが歩くとどうしても緩んでくるので、しばらく履くとジャストフィットしてきます。写真のように茶色の鼻緒の雪駄に紺足袋をあわせてもGoodですよね。なんかほっこりしていい感じ。(^^)

ところで、我が家では(もちろん私だけですが)クリスマスだろうとお構いなく、家に帰ると和服です。お父さんが着物を着ている以外は世間と同じクリスマスですが。


(写真左)これは外した鉄紺色の鼻緒です。
(写真右)鼻緒の太さの違いがわかるかな?

1997/12/31 今年もレコ大、紅白を見てしまった・・・
オーロラ輝子のまねは流行らないぞっ! あっという間に大晦日が来てしまいました。このホームページも工事中のページがまだまだあるし、子供と約束した雑誌のフロクも作らにゃならんし、まだまだやり残したことがいっぱいのままですが、「まあいいや。」の一言で、今年も暮れていくのでした。(^^;

ところで、年末年始あいかわらず面白いTV番組はないけれど、惰性でつけたTVの中では、レコード大賞(いつまでやるのだろう?)が始まっていました。丁度夕食を食べながらたまたまTVに目をやると例の「オーロラ輝子」さんがドハデなつぎはぎ柄の着物で登場し、歌っている最中でした。と、カメラが引いたその時、「おおぅ??」って思いましたね。何がって、彼女の足元、黒いんです。最初はありがちな着物にブーツかと思いきや、よく見ると履物は黒塗りのポックリ!もっとよーく見ると足袋が黒っぽい。黒足袋とはなかなか意表をつくなあと思いましたが、ビックリしたのはこのあとです。

歌い終わって堺正章さんが感想を求めた時に、「足袋履き間違えたんですか?」って足袋のことをツッコンでくれたおかげで、ようやく彼女の足元がアップで映し出されました?ぬわーんと、左右別々の色足袋を履いていたのです。右足に紺足袋、左足に紫の足袋!最近のスタイリスト(それともご本人のアイデア?)は頭が柔らかいようで、これにはマイリマシタ。(^^;

で、さっそく調子に乗って真似してみたのがこの写真です。う〜ん、キカイダーみたい。(^o^;


さすがに紫の足袋は持っていないので
小豆色ので代用してみましたが・・・。
さすがにこれじゃあ表は歩けないですよねえ。

どーでもいいけど、わざわざやって見るなんて
おバカというかなんというか・・・(^^;
今年も最後だし、サービスサービス!(^^)
(これはEVAのミサトさんの次回予告のマネ)

このあと見たNHK紅白歌合戦司会の中居クンの白紋付の袴の丈は短すぎて足首は完全に出ているし、小錦関の袴は凄すぎるし、レコ大のオーロラ輝子さん以来、年末年始のみやたらと増えるTV出演者の和服姿についついチェックを入れてしまうのでした・・・。

それでは、みなさんよいお年を!



Copyright Iori Hayasaka 1997. All Rights Reserved.