本文へスキップ
和装の魅力と着こなす楽しみを提案する、男の着物総合ガイド

着物の種類 > 普段着Daily kimono

普段着

■ 日常生活で着る着物


「実用呉服」という言葉が聞かれなくなってから久しい今日ですが、日常着として和服を着るなら、何といっても普段着がもっとも活用されるべき衣服であることは必然の事実でしょう。これは、洋服一辺倒の生活を和服に置き換えてみれば自然なことだとわかります。ところが今日、和服を日常着とする上で一番頭を悩ませるのは、この普段着の和服の入手ではないでしょうか?

普段着は要するに家庭着であり、日常着ですから、最も長い時間着ている和服と言えます。こうした用途に着るものは和服といえども感覚的には洋服を選ぶ時と同じです。すなわち「安くて、丈夫で、長持ちし、手入れが簡単」な着物です。これらの条件を満たしてくれるのは、かつて実用呉服とも呼ばれた、木綿やウールの着物たちなのです。

なお、寸法が合うなら古着も大いに活用しましょう。昔の着物の方がモノはいいものが多く、多少寸足らずであっても、普段着として割り切れば十分利用できます。また、着物初心者の方にとっても、こうした惜しげも無く着潰せる古着に何度も袖を通すことで、きものをより手早く身近なものにすることができます。さまざまに知恵と工夫を重ねて、着物に袖を通す機会を一度でも多く持って頂けることを願っています。

普段着(春・秋・冬)

片貝木綿の単着物 ウールの単着物

木綿やウール素材の着物があれば、スリーシーズン活用できます。木綿の着物といっても、浴衣とは違った種類の生地による着物です。糸の太さや織り方によって様々な種類があり、日本各地に多くの産地が今もあります。木綿の利点は何といっても肌触りのよさと家庭でも間単に洗濯ができる点でしょう。そのため、必要以上に汚すことを恐れず気軽に着れます。

一方、ウールの着物は暖かくて着易いうえ、皺にもなりにくいので重宝しますが、生地によって着心地がかなり違ってくるようです。少し上等な生地にシルクウールというのもあります。シルクウールはウール主体で絹や化繊混在のものですが、こちらも布地の感触は様々ですから、できるだけ実物を触ってみてから購入するようにしましょう。ウール着物も家庭で洗濯が可能ですが、シーズンオフにはクリーニングに出しておくとよいでしょう。他に、単にも袷にもできる「シルック」など化繊と絹の混合素材も、天然繊維に拘らなければ普段着にも向いていると思います。

長着の下には、普通モスリン(毛織物)の長襦袢を着ますが、半襦袢裾よけやステテコなどの組み合わせでも十分です。春先の暖かくなった季節などでは、木綿の単の着物にこの半襦袢と裾除けを合わせて着ています。かえってこの方が洗濯が効くので私は長襦袢よりも多く利用しています。

なお、冬場にはこうした着物以外にも家の中でなら写真下の丹前もお奨めです。私は風呂上がりに浴衣の上から丹前を着て細帯を締め、なお寒い時期には茶羽織を羽織ります。

ウール地の丹前

普段着(夏)

阿波しじらの単の着物。
軽くて肌触りも良く快適。
麻の単の着物。着込んだ麻は肌に馴染みが良く
夏の普段着としては最高の一枚。
盛夏の頃には作務衣もお勧め。
木綿や麻のみ100%の生地よりも
両方混じった綿麻のものが着易い。
麻混化繊の単着物。厚手の生地なら秋口まで着られる。
白い着物は透けるので外出時は注意しよう。

夏の普段着に利用できる着物には、浴衣をはじめとする木綿の着物や、麻の単の着物が向いています。特によく肌に馴染んだ麻の着物は通気性が良く肌にひんやりとした感触もあるので、Tシャツ一枚でいるより涼しく感じます。逆に、化繊100%の絽の着物は、冷房の効いた部屋などで汗さえかかなければ快適ですが、炎天下で着ると汗でべたつくため始末に負えないので注意しましょう。

夏場、普段家にいる時の下着は肌襦袢だけで、暑いので足袋も履きません。ただし、外出する時は、肌襦袢だけでなく、場合によっては絽の半衿と袖のついた晒し木綿の胴でできた夏物の半襦袢をつけます。汗をかく夏場は、長襦袢よりもこの方が個人的には楽に過ごせます。また、下着が透けて見えますし、汗もかくので、居敷当てのない着物の場合は裾除けも着けるといいでしょう。

白絣の浴衣 麻の単の着物

普段着の袴


普段の日常生活でも、ちょこちょこ動いたり何か仕事をするときは、袴があると格段に動きやすく、着ている着物の汚れも防げます。袴ももっと身近に活用すべきアイテムです。私の手持ちで、ここに紹介する袴はいずれも家庭で洗濯できますから、まさにうってつけの袴です。

ズボンに近い野袴風の袴なら和服でも非常に活動的な身のこなしが可能です。写真左から2枚目の上衣は作務衣のように両脇を紐で結ぶようになっているので、袴の上に出して着れば作務衣風にも見えます。写真右端の武道袴は、普通の馬乗り袴に比べ、裾を細く仕立ててあるのでズボンの感覚に近い袴です。私は家の周りの草取りや掃除なんかをするときにこうした袴を利用しています。そうそう、暮れの大掃除の時にも欠かせないアイテムですね。男性和装のファッションアイテムとしても上手に活用してみましょう。

活動的な野袴姿 麻製の野袴と筒袖上衣
ウール素材の野袴 藍木綿の武道袴



    男のきもの大全サイト内を検索します

早坂伊織プロデュース 男の着物ホビーショップ
男のきもの専門店 イオリスク
ビジュアル版 男のきもの大全