本文へスキップ
和装の魅力と着こなす楽しみを提案する、男の着物総合ガイド

男性用和装履物のいろいろJapanese footwear

男性用和装履物
■ いろいろな雪駄


北海道札幌市、「和装履物専門店現代屋」の高野さんにご提供いただいた、男性用和装履物の画像です。もちろん、ここに紹介する画像の履物は、高野さんのお店で販売されているものです。詳しくは「和装履物専門店現代屋」さんのホームページをご覧の上、お問い合わせ下さい。

「トカゲ皮」の雪駄 雪駄の裏底(これは象皮タイプ)
「エナメル」の雪駄 「シコロ織り」の雪駄
「印伝」の雪駄 「蓑虫(みのむし)」の雪駄

ここで紹介した種類と同素材の草履もありますが、現代屋さんでは特注となるそうです。いずれもこの辺は、いかにも通ごのみと言えそうで、人によって完全に好みが別れるところです。個人的には「印伝」のは一足欲しいけど、爬虫類のは遠慮したいです。ここに紹介したものの他にも、コルク素材表のものや、スェード調のエクセーヌ表のなんかがあります。エクセーヌのものは滑りにく、脱げにくいので重宝しますが、しばらく履くと足の跡がくっきり付くのが難点です。

■ いろいろな下駄

ゆるやかな曲線がついているのが特徴の右近下駄は、普段履きには重宝する一足です。写真中段・下段の千両下駄は、写真中段の四角い「角」と呼ばれる種類のと、写真右下の「下方」と呼ばれる種類とがあり、関西では「角」が、関東では「下方」が好まれるそうです。「下方」とは天(足を載せるところ)の形の事で少し丸まっている型の事をいいます。なお、「千両」の名は、歌舞伎役者の千両役者が履いたところから千両と呼ばれるようになったとの話も。私は、写真右下の「千両下方」が欲しいなあ。このモデルは鼻緒もしゃれてるし。ちなみに、下駄の名称は全国各地で呼び方がずいぶん変わるようです。

右近下駄 布張り浮世絵右近下駄
紳士桐下駄 千両 紳士桐下駄 千両(細身タイプ)
千両下駄の幅の違い 千両下方下駄


■ 雨の日用の履物

雨の日は、写真上段の足駄(あしだ)のような、歯の少し高い下駄を履くのが一般的なようです。これにオプションで、写真のような爪皮(つまかわ)を引っ掛ければある程度汚れが防げます。爪皮はもともと革で作った爪先のカバーなのでこう呼ばれますが、今はビニール製などもあり、単品で買えます。ちなみに、この足駄のような高下駄のことを「朴歯下駄(ほうばげた)」と呼ぶこともあります。

一番下の写真はお寺さんなどが愛用されているような雨の日用の草履で、「しぐれ履き」と商品の箱にはあるそうです。写真の他にも、雨の日に履く下駄には「日和(ひより)下駄」と呼ばれるものがありますが、今紳士物は見かけないそうです。日和下駄は足駄より歯の薄い(低い)下駄で、もとはぬかるみを歩く晴天用の下駄でした。関西で「利休下駄」と呼ばれる下駄も日和下駄の一種で、茶人がよく好んで履きます。日和も利休も、江戸時代末期頃からありました。

足駄(豪傑) 足駄(南州)

爪皮(つまかわ)(「爪掛け(つまかけ)」ともいう)

特に爪掛けのゴムを下駄の歯にかけるタイプを爪掛(日和や時雨履き)、
下駄の前・横を釘で打ち付けるタイプを爪皮というように、
現代屋さんでは呼んでいるそうです。
上の足駄に爪皮をかけたところ

しぐれ履き
正式には「透明爪掛け付きビニールゴザ表コルク芯草履(写真左)」、
「透明爪掛け付きビニールゴザ表ウレタン芯草履(写真右)」、というそうです。
これを「しぐれ履き」とはナイスなネーミングですね!




    男のきもの大全サイト内を検索します

早坂伊織プロデュース 男の着物ホビーショップ
男のきもの専門店 イオリスク
ビジュアル版 男のきもの大全