詳細版

 



Microsoft「エンカルタ百科事典」に掲載されました。
「男のきもの大全」はこのほど、Microsoft社のCD-ROM版百科事典、
「エンカルタ」の「着物」および「袴」の項から、Webリンク機能により、
厳選されたインターネットコンテンツとして掲載されることになりました。


ホームページコンテンツにおける、紙メディアとは異なったユニークな活用例として、
このほど、Microsoft社のCD-ROM版百科事典2000年版に、コンテンツリンクという形で、
収録掲載されることになりました。機会があればぜひこちらからもご利用下さい。

メディア内での紹介文

「男性が和服を着るために必要な情報を、実用性重視をモットーに紹介する個人のサ
イト。和服の種類や着方はもちろん、和服・和装関連品のショッピングガイドや手入
れの仕方なども写真入りで掲載し、「大全」のタイトルにふさわしい充実ぶり。」

エンカルタを紹介するホームページ
http://encarta.jp.msn.com/EncartaHome.asp



月刊誌「蘇る!」に掲載されました

着物の特集ページに載りました。

取材撮影のヒトコマ。

熟年向けの健康生活情報誌、「蘇る!」2000年1月号(12月10日発売)の、
「着物で愉しむ日本のお正月」という特集の中で、着物好き仲間の集まりが紹介されました。
著名人の紹介も含む、23ページというボリュームの特集なので読み応えありです。
ぜひ読んでみて下さいね。詳しくはこちらのページで。



「きものサロン'99秋号」に掲載されました!

ついに素顔で登場!早坂伊織の着物ライフをカラー6Pで特集!
9月上旬発売予定の、世界文化社「家庭画報特選 きものサロン'99秋号」に、私こと早坂伊織が、「普段に着る男のきもの」と題した特集ページに掲載されました。目玉は何と言っても、ホームページでは公開していない素顔を、ついに公開してしまったことでしょう!(^^;内容的には、ホームページ紹介のミニページではなく、早坂伊織個人のきものライフを特集したものとなります。初心者をターゲットとした早坂流のきものライフとそのその楽しみ方のポイントを、なんとカラー6Pもの誌面を割いて掲載され、一般人としては初の快挙?!かも(^^;。きものサロンとしては珍しく、多数の欲張ったカット写真構成で紹介されています。なお、残念ながら一年も前のイベントとなるため、メインの記事とはなりませんでしたが、平成10年10月31日に開催した「男のきもの大全会」の様子も合わせて紹介されています。ぜひとも秋号はGETして、じっくりお確かめ下さい!(^^;


 上の写真は自宅の庭で半衿のカットを撮影しているところ。

取材担当は「男のきもの雑学ノート」の著者として有名な、フリーラーターの塙ちとさん(写真左)。カメラマンは京都にお住まいの浅井憲雄さん(写真右)。すべて自宅周辺でロケを行い撮影しました。誌上掲載写真のきものや和装小物はすべて私の所有するものです。ホームページとは一味違う早坂伊織の素顔がご覧頂けます。なお、取材レポートをこちらに掲載していますので、合せてご覧下さい。



「きものマネジメント」の特集で掲載されました!

本文19P中、9PがインタビューとこのHPからの提供内容です。
1999年6月28日発行のきもの流通新聞[特集号]、「きものマネジメント」というきもの業界紙に、「男のきもの大全」ホームページが大々的に取り上げられました。掲載内容は、「特集/消費者の目線」というテーマの中で、私、早坂伊織へのインタビュー記事が3P、昨年HP上で実施した「全和装人アンケート」の内容が6Pと、ほとんど紙面の半分を割いてもらった意欲的な編集内容です。インタビューについては、このHPでの発信内容を中心に、きものユーザの代表として、普段着の着物復活の希望をテーマに答えています。呉服屋さんに行った時には一声かけて、購読されていればぜひ見せてもらって下さい(^^)。直接、私個人は反応が確認できませんが、業界の中ではなかなかの反響だそうです。これを読んで、高級品一辺倒のきものビジネスが少しでも見直され、きものに市民権を得るためのきっかけになればいいですね。ちなみに、この記事中では素顔で写真掲載されています(^^;。

 

きもの流通新聞は、昭和30年創刊のきもの業界の情報専門紙で、一般の消費者が目にすることはないものと思われますが、逆に大手メーカーをはじめとするきもの業界へのPR効果は十分にあったものと思われます。なお、掲載紙には、他にNIFTYきものフォーラムのフォーラムマネージャ鈴木祐孝さんへのインタビューや、HP「きものくらぶ」の談話室で過去に繰り広げられていた「いちこし」の商法問題についてなどが取り上げられています。

発行所:株式会社 衣盛社  発行人:安仲徹男
所在地:〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-10-8 大熊ビル3階
TEL:03-3252-3707、3708 FAX:03-3252-3709
e-mail hanausagi@mac.email.ne.jp



「男のきもの 雑学ノート
- いつか着たい、そのうち着たい、いますぐ着たい貴男へ。-

ごく一部ですが「男のきもの大全」HPもこの本に協力しています!

このたび、ダイヤモンド社から待望の本、「男のきもの 雑学ノート - いつか着たい、そのうち着たい、いますぐ着たい貴男へ。-」(塙ちと 著  6月11日発行 予価1600円)が出版されました。書籍メディアでの「男のきもの」情報として、男性の和装ファンの皆様に自信を持ってお薦めしたい「新・男のきもの読本」とも言える一冊です。


今回、この本の出版にあたりまして、ごく一部ではありますが微力ながら私、早坂伊織も協力させて頂きました。著者の塙 ちとさんより、当ホームページの内容を参考にしたいとのお申し出を頂き、本文中では「褌の締め方」と「袴でトイレ」の各情報をご提供しました。初心者向けの編集を意識された内容ですが、ヘビーユーザも十分楽しめる内容です。なお、褌も含め着付けの手順についてはイラストによる解説で、カラーページもありませんが、それでも読めば納得の充実した内容です。一家に一冊、ぜひお手元に置いてご活用下さい!(^^)

 

Copyright Iori Hayasaka 1997-2001. All Rights Reserved.