本文へスキップ
和装の魅力と着こなす楽しみを提案する、男の着物総合ガイド

長襦袢の畳み方How to fold the juban

長襦袢の畳み方
■ 襦袢畳み

襦袢畳みは、一般的な関東仕立ての長襦袢(衿布が裾まで付いている、撥衿(ばちえり)にしたもの)の畳み方です。

衿が左になるようにして平らに広げ、両脇の縫い目に添ってまっすぐに伸ばします。手前の下前の身ごろを、脇の縫い目に沿って向こう側に折り返します。
次に上前の身ごろを同様に脇の縫い目に沿って折り返し、下前身ごろの上に重ねます。
今度は中心部分に手前の右脇の縫い目を合わせて置くように、向こう側に折り返します。
右袖を向こう側から手前に折り返します。私の襦袢は裄が相当長いのでこのとき畳んだ端から袖がはみ出ていますが、ふつうの寸法の襦袢であればやや内側に収まるはずです。
同じようにして反対側の左脇の縫い目を手前に折り返して重ね、左袖を今度は向こう側に折り返します。
右から左に裾を半分に折り返し、衿の少し手前に重ねます。畳紙に入れて収めるときなどはここまででOKですが、普通はさらにもう半分に右から左に折り畳んで出来上がりです。
この茶色い長襦袢のように、長着と同じように衿が別に取り付けてある関西仕立ての長襦袢の場合も、ここに紹介した襦袢畳みでいいのですが、長着と同じ畳み方でもいいでしょう。
長襦袢の衿の仕立ては、このように男物にも関東仕立てと関西仕立てがありますが、個人的にはこの関西仕立ての方が胸元が合わせやすいし、着崩れもしにくいので好きです。





    男のきもの大全サイト内を検索します

早坂伊織プロデュース 男の着物ホビーショップ
男のきもの専門店 イオリスク
ビジュアル版 男のきもの大全