本文へスキップ
和装の魅力と着こなす楽しみを提案する、男の着物総合ガイド

長着の畳み方How to fold the nagagi

長着の畳み方
■ 本畳み

きものはすべて直線で構成された仕立てですから、各所の角をきちんと合わせ、折り目に添ってきちんと折れば自然ときれいに畳むことができます。一個所ずつ折り返すたび、皺にならないよう、丁寧に畳むことを心がけるべきですが、コツさえつかめばササッと畳めるようになるはずですよ。なお、紋付きの場合は、和紙で紋の部分を覆って畳み込むようにします。これは紋が擦れたり汚れたりするのを防ぐためですが、本来は正方形に切った和紙を紋の上に糸で縫いつけて収めるのですが、いちいちここまでしなくても大丈夫でしょう。

衿を左にして平らに広げ、右脇の縫い目に添って下前を向こう側に折り返し、きれいに伸ばします。
下前のおくみの縫い目を手前に折り返し、衿を真っ直ぐに伸ばします。なお、上前も同様にして折り返しておきます。
下前に向こう側の上前の衿とおくみをぴったりと重ね合わせます。この時、衿先や褄先(つまさき:きものの裾の両端角の部分のこと)がずれない様にきっちり重ねます。
後ろ衿は写真のように内側に自然に折り畳んで始末します。
今度は、向こう側の上前身ごろの脇を持ち、下前の脇の縫い目と揃えて重ね合わせます。
手前の袖の上一枚(左袖)を袖の付け根の縫い目から向こう側に折り返します。
衿先の下を折って、右から左に裾を二つに折り返します。そのあとで、下になっている右袖を、左袖と同様にして裏の向こう側に折り返してできあがりです。
普通、左袖を折り返すときは、ひとつ前の6.のところで、一度全体を向こう側にめくり倒す様にしてひっくりかえしてから折り返しますが、慣れれば手前左右の端を持って全体を少し浮かせ、袖を裏の向こう側にはらい込むようにすれば同じように畳めます。





    男のきもの大全サイト内を検索します

早坂伊織プロデュース 男の着物ホビーショップ
男のきもの専門店 イオリスク
ビジュアル版 男のきもの大全