第3話 NIFTY「赤坂きものオフ」に参加 1997/12/06

11月25日(火)、東京赤坂の「東京全日空ホテル」でNIFTY-SERVEの「きものフォーラム」のみなさんが集まったオフ会がありました(写真がその参加者です)。

この日、抽選で無料招待される「着物でクラシック」というイベントが同ホテルでありまして、これに外れた人たちが「やけ酒オフ」と称して集まったのでした。総勢20名の男女が和服で集合し、2Fの「カスケード」というお店で約3時間盛り上がりました。この日は我々以外にもコンサートに詰め掛けた大勢の和服姿の人たち(ホントはこっちの連中がメインか?)が、赤坂界隈に出没し、どこを向いてもみんな和服という、見たことがないような光景でした。壮観でしたねえ〜。(^^)

上の写真はその時のオフに和服で参加した五名の男性で、都合によりみんな仲良くモザイクがかかっておますが、真ん中が私です。(^^;ご覧の通りみなさんなかなかの出で立ちで、そりゃあもう、すんばらしかったです!もちろん女性のみなさんもとっても素敵で、着物談議やローカルネタなど話題は尽きず、ほんとに楽しいオフでした。ホテルの中で全員で集合写真を撮ってた時なんか、外人さんがずーっと見てましたしねえ。(^^)

このあと二次会で、10人くらいが近くの居酒屋に行ったのでした。その店で、いろり端の座敷に上がり込んだ時、草履や雪駄がずら〜っとタタキに並んだのも印象的でした。店員さんも何者の集団かって感じでビックリでした。お開きのあと、溜池山王の地下鉄の駅まで和服姿の男女がぞろぞろと歩いたのも壮観でした。人数がこれだけ多いと、和服を着てるってだけで相当なインパクトですね。最後はひとりで赤坂のホテルまで歩いて帰ったのですが、和服で、それも袴姿で都会の街中を颯爽と歩くのって気持ち良くて感動モノでした。こりゃあ、やっぱやめられまへんわ、和服の生活。(^^)

それにしても、和服を着ている本人たちが気にかけるほど、意外と誰もじろじろ見ないもんだなって感じでした。やっぱ、胸張って堂々と歩くのが一番!ってことですね(東京以外だとどうなんでしょ?)。




Copyright Iori Hayasaka 1997. All Rights Reserved.