第16話 和服が最高に似合う町〜五個荘・近江八幡〜
(協力:南 正時さん)
2000/05/03


全国各地にはまだまだ昔ながらの風情の残る町並みが多く残っています。
今回は、そんな中でも最高に和服が似合う町としてぜひご紹介したい町があります。
そこは、「近江商人」の町として有名な、滋賀県五個荘町、近江八幡市です。
町のいたるところに商人屋敷のたたずまいが残り、古き良き町並みをとどめています。
まだまだ人知れずひっそりとして、住む人たちも温かく迎えて下さいました。

※写真は、平成12年4月14.15日に訪れた、ニフティきものフォーラム・五個荘・近江八幡オフの模様です。
(詳しくは南 正時さんのページでぜひご覧下さい)


滋賀県近江八幡市

「鬼平犯科帖」のロケも行われた八幡堀で。


滋賀県五個荘町

五個荘・金堂(こんどう)にて。
例年より遅い桜が満開で、きもの姿にぴったり似合い、実に風情がありました。

時代劇の扮装もぴったりの風景

気分は鬼平。こんなシーンも楽しめるほんとにいい町です。

交通案内
「おうみはちまん」
住んでよかったまち
訪れてよかったまち
もう一度訪ねてみたいまち

東京方面から: 東海道新幹線で東京駅より約2時間30分で米原駅下車
琵琶湖線に乗り換えて約20分で近江八幡
大阪方面から: 東海道本線で大阪駅より約65分で近江八幡

観光のお問い合わせ
〒523-0864 滋賀県近江八幡市為心町元九(白雲館内)
TEL:0748-32-7003
FAX:0748-31-2393

五個荘・近江八幡では、和服でお越しの方に特典を用意しています。

旅の日企画(5月16日から6月15日)としてとり組みます、和服の人は資料館・かわらミュージアム無料企画ですが、五個荘町も連携して頂けることになりました。その他、市内の民間施設でも割引サービス等の実施も予定しており、数年後は近江八幡・五個荘町の風物詩にでもなればと夢見ております。(以上は近江八幡市の観光担当者のコメントです)

情報・画像提供:南 正時さん

※南 正時さんは、「近江八幡市観光大使」としてもご活躍です。





Copyright Masatoki Minami & Iori Hayasaka 2000. All Rights Reserved.