第18話 「パールトーン株式会社」訪問 2001/03/09

2001年3月、京都にあるパールトーン本社を訪ね、社長の國松氏とお会いして来ました。
パールトーンはご存知のとおり、雨や汚れから着物を守るガード加工のトップメーカーです。
このたび、ご縁があってかねてより希望していた本社訪問が実現しました。


本社玄関で國松社長と。

今回は、社長室 室長の辻さん自らSクラスのメルセデスで京都駅までお出迎え下さるなど、
ちょっとしたVIP気分も味わせて頂き恐縮なばかりでしたが、本当に楽しく充実した訪問となりました(^^)。
ほんの少しの内容ですが、以下にその模様をご紹介したいと思います。

國松社長は、400名近い社員を持つ大会社の社長とは思えないくらい、気さくでお茶目な楽しい方です。
本社も工場も、会社の中がとても明るく、皆さんとても楽しそうにお仕事されていたのがとても印象的でした。
そんな國松社長は、「きものの普及のためにはまず自ら着ること」を実践なさっている数少ない方です。
実際、ゴルフの時以外は年中きもの姿で有名なほどですが、夜お休みになる時はパジャマだとか(^^;。

ちなみに、パールトーンという会社は京都発祥の会社と思われている方が多いのではないかと思いますが、
國松社長は長崎佐世保ご出身の方で、応用化学の講師をしていたお父様が創業者で、最初は佐世保に誕生しました。
ある海軍将校の依頼により、軍服の撥水加工を目的として開発されたのがきっかけだったそうです。
やがて、昭和36年京都において、本格的にきものに取り組む事になり、現在に至っています。
パールトーンは正確には化学業であり、きもの業界とは異なる分野の会社ですが、
現社長の強い意向から主にきもの全般への加工に徹したビジネスとして展開されています。
実際には、和装品以外にもあらゆるモノへの加工が可能であるとのことなので、
個人的にはビジネスとして勿体ないのでは?と思ってしまいますが、
そんなところにも、きものを心から愛していらっしゃる國松社長のこだわりが伺えます。

※パールトーン加工は京都のお祭りの衣装や重要文化財などを保存するためにも数多く利用されています。

一通りの会社説明などを伺ったあと、実際に工場見学もさせて頂きました。

三条工場の見学
京都三条に新しく作られた三条工場を、國松社長自らのご案内で、見学させていただくことに。
お仕事中、突然お邪魔したにもかかわらず、皆様気持ちよく応対して頂き感激でした。

※以下の内容は見学させて頂いた一部を掲載したもので、作業の工程順とは異なります。
検品作業の様子
  
全国から集まった商品の山(写真左の棚のラベルに注目^^;)と、
地域別に棚が設けられている様子を説明される國松社長。
反物、仕立て上りの着物や襦袢など、さまざまなきものが積まれています。
  
非常に大勢の方が分業で目的別の検品作業をなさっています。

仕立て上がった着物の検品
やはり女性ものが多いのですが、中には男性ものも結構ありました。
「悉皆課」で染み抜きの実演!?
  
「悉皆課」というのがあり、こちらで染み抜きなどの加工を行います。
それにしても、和服姿にスリッパというのはどうも似合わない!?(^^;
(この写真を見て初めて気が付きました。楽屋履きがあるといいですね>社長^^;)
  
当日着ていた羽織の袖口の汚れをその場で落として頂きました。
(このきものはパールトーンしていなくてごめんなさい・・・^^;)
プロの手にかかると、ベンジンと刷毛、ドライヤーなどの七つ道具で見る見るキレイに。
お仕事の途中、ほんとうにありがとうございました。
湯のしとアイロン仕上げ

巨大な湯のしマシーン?!
  
熟練の職人さんによるアイロンがけも見事なもの。
國松社長が持っているのはアイロンがけで使うオモリの金属板。かなり重い!
各種加工
  
まずは仕立て工程を見学。
  
こちらは紋入れの作業(だったと思う^^;)
  
染め直し、絵付けの加工も守備範囲です。
説明を聞くのに夢中だったので写真が中途半端ですが、
左の赤い着物の上にある小さなグリーンのハギレがわかるでしょうか?
染め直し後のサンプルを送り、色合いを確認してもらってから実際の作業をなさるとか。
この場合、着物の赤い地の部分がモスグリーンになるのだそうです。
これは、一度着物地の色を脱色してから染め直すのだとか。
顧客ニーズの吸収だけでなく、実物を見てベテランのスタッフが別のアイデアを提案されることも。
國松社長の消費者本位の姿勢が伺える実に細かな気配り心配りが感じられました。
出荷
  
こちらは出荷作業。
すべてのチェックを終えたきものは、畳紙に包まれて各地に発送されてゆきます。

※パールトーン加工そのものの現場は、企業秘密なので残念ながら見学できません。あしからず(^^;。

ありがとうございました。



國松社長、大変ご多忙な中いろいろと本当にありがとうございました。
そして社員の皆様、ご協力本当にありがとうございました。



株式会社パールトーンのホームページはこちら


創業70周年を記念して製作されたヒストリーブック「人が好き!きものが好き!」。
全社員と関係者の方に配られた貴重品ですが、お土産にと頂戴しました。
こうした企画の中にも國松社長のお客様、社員の皆様に対する深い思いが感じられます。
これからますますのご発展をお祈りしております。





Copyright Iori Hayasaka 2001. All Rights Reserved.