本文へスキップ
和装の魅力と着こなす楽しみを提案する、男の着物総合ガイド

肌着を着るHow to wear Underwear

肌着を着る
■ 純和装肌着がお勧めな理由


男性が和服を着るときの肌着は、やはり褌と肌襦袢に限りますが、どうしても抵抗がある場合は、和洋兼用できるタイプの洋装の肌着を着けます(袖が長くても七分袖で襟元がUかVネックのシャツ、ひざ下くらいの長さの股引かステテコなど)。普段、家の中で着ているだけならどんなものでも構いませんが、ちょっとした外出でも、人目に触れる場所に出かけるときは、襟元や袖口、きものの裾などからシャツの胸元や袖、股引の裾など、肌着が見えるのはお世辞にもカッコいいとは言えません。もし、粋でおしゃれな和服姿をお望みなら、下着が外から見えないものにしましょう。無理して伊達の薄着をする必要はありませんが、和服はきちんと着ていれば洋服などより結構暖かいものです。

■ 肌着の着用手順(裾よけなしの場合)

和装の時の理想的な肌着はやはり褌です。好みにより、六尺褌か越中褌を締めます。どうしても抵抗がある場合は、普通の下着にステテコを履きますが、上半身はシャツを着る代わりに、なるべく肌襦袢を着るようにしたいものです。
左の画像は越中褌のように見えますが、六尺褌を前垂れ型に締めたところです。

褌についてはこちら。
越中褌の締め方はこちら。
六尺褌の締め方(短尺編)はこちら。
六尺褌の締め方(中・長尺編)はこちら。
足袋を履きます。
本来はこのように、裸の状態の時点で足袋を履いておきます。足袋を履くにはどうしても中腰にならなければなりませんので、着付ける順序が後になるほど、足袋を履くことでせっかくの着付けが着崩れてしまうことを防ぐためです。遅くとも長襦袢を着付ける前には履いておきましょう。なお、外出着として着物を着るときは真夏でも足袋を履きます。

こちらで、正しい足袋の履き方も一度見て下さいね。
裾よけをつけない場合は、次に肌襦袢を着て出来上がりです。肌襦袢は衿を首筋に沿わせ、前をゆったり合わせて着ます。また、肌襦袢の上から腰紐を締める必要はありません。補正が必要な人は、この肌襦袢の上からタオルなどで補正します。下腹をタオルで補正する場合は、ウエストにぐるりと巻き付けるのではなく、下腹の上にだけタオルを当てて腰紐などで縛っておくようにします。タオルの両端に紐を縫い付けて自分専用の補正用タオルを自作しておくと便利です。補正は各自工夫してみて下さい。私自身の経験から、ウエスト80cm以下だと、補正なしではどうしても着崩れるようです。

■ 肌着の着用手順(裾よけを着ける場合)

裾よけをつける場合は、通常、肌襦袢を着る前に裾よけをつけます。長襦袢の代わりに半襦袢を着るときは裾よけをつけます。
ただし、褌の代わりにステテコなどを用いる場合は必ずしもつける必要はありませんが、裾よけをつけると裾さばきがよくなります。なお、長襦袢を着るときでも酷寒の時や裾さばきが気になる時は裾よけをつけた方がいいでしょう。

裾よけの着け方はこちらです。
裾よけの上から肌襦袢を着て出来上がり。
あとはこの上から半襦袢を着ます。

なお、肌襦袢は汗取りの役目もしますので、酷暑の頃でも必ず着けるようにします。着ると着ないでは着物に染み込む汗の量がぜんぜん違います。

ちなみに、左の裾除けは既製品で私の背丈には短いものでしたが、丈は長襦袢の時と同じくらいがちょうどよいでしょう。幅と丈がたっぷりあるものを誂えると快適です。
実は、こんな風に肌襦袢の上から裾除けを巻き付けて着るというやり方もあります。本来の着装とは違うという意見もあるかも知れませんが、こうすると長時間着ていても肌襦袢が帯の上までずり上がりにくくなります。和装だって、既成の方法に捕らわれず、自分なりにやってみて、この方がいいと思う着付け方をすればいいのです。特に、こうした下着なんかは全く自由でいいと思います。







    男のきもの大全サイト内を検索します

早坂伊織プロデュース 男の着物ホビーショップ
男のきもの専門店 イオリスク
ビジュアル版 男のきもの大全