本文へスキップ
和装の魅力と着こなす楽しみを提案する、男の着物総合ガイド

長襦袢を着るHow to wear Nagajyuban

長襦袢を着る
■ 長襦袢の着付け手順

まず、長襦袢を羽織り、両手で袖の端を持ってピンまっすぐに腕を伸ばし、背の中心に衿の中心が来るように合わせます。

次に、長襦袢の左右の衿先を身体の前方で合わせて、もう一度背中心と長襦袢の背縫いの線(背中心)を合わせておきます(長着を着る時もこれと同じようにします)。

このとき、衣紋は抜かない(首の後ろと襦袢の衿を大きく離さない)ようにします。
背中心がずれないように気をつけながら、上前(左手で持っている方)を広げ、下前(右手で持っている方)を腰骨のところに引き寄せます。
身幅が広すぎて背中や両脇にゆるみが出来るときは、背縫いの中心がずれないようにして布を脇から手繰り寄せ、腰の内側あたりで身体の外側に向けたひだを作るようにして始末します。
ゆるみが非常に多い場合は、3.の写真のところで、下前の左の衿端を余った分だけ外側に折り返すようにして着付ける方法もあります。
ひだはなるべく身体の内側に取るようにして、上前できれいに押え込み、始末をします。
腰紐を左右の腰骨の位置にあて、背中に廻して前で結びます。
紐を結ぶときは、蝶結びなどではなく、前で二回絡げてしっかりと締め、そのまま結び目を180°回転させてねじり、あまった紐を左右に振って腰紐に絡めるだけで十分に締まります。また、こうすると、帯を締めたとき結び目が邪魔になりません。
できあがり。

慣れると襦袢の上から腰紐を締めなくても全く問題ありませんが、慣れるまではこうして一本襦袢の上から締めるとよいでしょう。

半襦袢を着る場合

普段着であれば、長襦袢の代わりに半襦袢を活用する事をお薦めします。こんな風に裾除け(またはステテコでもOKです)と組み合わせて着れば二部式の長襦袢みたいなものです。私は普段は腰紐は使いませんが、普通はこのように一本ここで結んでおきます。

半襦袢は普通、夏物の着物の下に用いることが多いようですが、季節に応じた素材のものがありますから、年中利用できます。とにかく気軽に洗濯できるので、普段使いに向いているアイテムだと思います。







    男のきもの大全サイト内を検索します

早坂伊織プロデュース 男の着物ホビーショップ
男のきもの専門店 イオリスク
ビジュアル版 男のきもの大全