本文へスキップ
和装の魅力と着こなす楽しみを提案する、男の着物総合ガイド

長着の着方How to wear Nagagi

長着の着方
■ 思うより意外とカンタン

女性のきもののように、おはしょりがない分、男性の着付けは簡単です。特に普段着を着るときは、皺一つないような完璧な着付けを意識する必要はないと思います。それよりも楽に着るために、上半身に余裕を持たせるように着付けて下さい。男の場合は帯さえきちんとしていれば、そんなに着崩れることはないです。

■ 着付けの手順

最初から手を通さないで、長着を羽織ります。

まず、長着の衿を持って右肩、左肩の順にかけて羽織ります。
左手から袖に手を通します。次に右手を袖に通します。
長襦袢の時と同じようにしますが、ここでは長襦袢の袖と長着の袖を一緒に持ち、両袖の先を左右にピンと伸ばして長着が身体にバランスよく纏えるようにします。

画像を一枚省略していますが、このあと、左右の衿先を合わせて、長襦袢のときと同じように、長着の背縫いの中心を背中心に合わせておきます。
下前の衿先を左の腰骨のところに引き付けます。このとき、若干裾先を上加減に持ち上げるようにします。

なお、着物の衿は長襦袢に自然に重ね、首筋に沿うようにあてがいます。ここも着付けのポイントで、首の後ろに大きく隙間ができるようではだらしなく見えます。
多少の身幅の余りは、長襦袢の時と同じように始末します。あまり大きな身幅の余りをここで始末しようとすると、見た目もおかしいし、動いているうちにすぐにタブ付いてしまいますから注意します。
上前できれいに押さえてしまいます。

身幅が広すぎる場合は隠して着るにも限度があるものなので、そういう場合はやはり身幅を狭くする寸法直しをした方が心地よく着れます。
上前も同じように右側の腰骨の位置に来るようにします。

このとき、上前の裾をほんのわずか上に持ち上げるような感じにしておくと裾裁きがよくなります(上げすぎると不格好になります)。

和服をゆったり着るコツは、下前と上前を合わせていくとき、握りこぶしひとつ分くらい、懐に余裕を持たせるようにすることです。衿をピッタリかきあわせて着ると、動きにくいばかりでなく、すぐに着崩れてしまいます。
男締や腰紐を結びます。

※着慣れてくるとここでの腰紐も必要はなく、直接帯を結びます。
長襦袢のときと同じように結びきったあと、廻して絡げ止めるだけで十分です。下腹にきちんと締めていれば、すぐに解けてしまうことはないはずです。
男締は腰骨の位置にあて、下腹でしっかり締めます。

長着の裾は、だいたい踝(くるぶし)のあたりかそれよりやや下に来るのがベストです。このあと、角帯を締めると、どうしても裾が少しだけ上にずり上がりますので。

体型にもよりますが、襦袢の半衿は1〜2cmくらい覗くように長着を合わせるのが普通ですが、胸元の衿合わせがだらしないくらい緩んでいる方が、非常に楽に着ていられます。
背中の皺は左右に引っ張って脇に寄せておきます。

このとき脇があまりに皺だらけのようでしたら、もう一度紐を解いて上前下前を合わせ直した方がいいでしょう。それでも余るようでしたら、身幅の寸法が大きすぎて身体にあっていませんので、できれば寸法直しをしたほうがいいでしょう。
締め上がりを横から見たとき、前下がり・後ろ上がりになるようにします。
できあがり。

背中から見たとき、このくらい腰から上にだぶつきがあるほうが帯を締めた後も楽に着ていられますし、着崩れもしにくくなります。






    男のきもの大全サイト内を検索します

早坂伊織プロデュース 男の着物ホビーショップ
男のきもの専門店 イオリスク
ビジュアル版 男のきもの大全