一つ前(ひとつまえ)に着るとは?

■ 丹前と浴衣の重ね着

丹前を浴衣の上に「一つ前にして着る」などといいます。これは左の画像をごらんいただけば一目瞭然なのですが、重ねたきものを一度に打ち合わせて着ることをいいます(打ち合わせるとは、きものの前を左、右と合わせることです)。一つ前に着ると、一枚一枚打ち合わせて着重ねるよりも足さばきがよくなります。

ちなみに、長襦袢と長着のように、きものを一枚一枚、前を打ち合わせて着ることを「てんでん前(てんでんまえ)」と言いますが、これは主に女性の襲(かさね)の着物の時の着方を指すことが多いです。襲(かさね)の着物とは、十二単のようにきものを何枚も重ねて着るものですが、今でも二枚襲や三枚襲は、花嫁衣裳をはじめとして、女性の和装には用いられています。

ちなみに、正しくきものを着ると、このように右前に前を打ち合わせます。この逆だと左前ということになります。




Copyright Iori Hayasaka 1998-2003. All Rights Reserved.