// HEAD BAND MENU ?>

襦袢には長襦袢と半襦袢があります。好みや用途などに応じて使い分けましょう。 長襦袢の着方 1まず、長襦袢を羽織り、両手で ...

思うより意外とカンタン 女性のきもののように、おはしょりがない分、男性の着付けは簡単です。特に普段着を着るときは、皺一つ ...

羽織の着方 羽織の着方なんて普通に着ればいいようなもんですが、これにも一応正しい着方というのがあるので紹介しておきます。 ...

ここに紹介するのは、もっとも一般的な越中褌の締め方です。越中褌は六尺褌ほど多様な締め方はないと思いますので、この締め方一 ...

ここに紹介するのは、六尺褌としては最も短い長さの短尺布を用いた基本的な締め方です。いわゆるその名の通り、六尺(約227c ...

締め方のバリエーション 六尺褌にする布の長さを体型や好みに合わせて調節することで、前垂れ型の締め方だけでも以下のバリエー ...

足袋を履く姿勢 本来は、褌やステテコなど、下半身を覆う肌着を身に着けたら、その次に足袋を履きます。肌襦袢や裾よけを着ける ...

1まず、裾除けの腰布の両端を両手で持ち、腰の位置に合わせて後ろからあてがい、両手を伸ばして左右の布幅がほぼ同じになるよう ...

肌襦袢は褌などの下着を付けた後、素肌に直接着ます。衿を首筋に沿わせ、前をゆったり合わせて着ます。また、肌襦袢の上から腰紐 ...

貝の口は、角帯の最も代表的な結び方で、袴を着けない着流し姿に締めるものですが、これさえ覚えれば実用上は必要十分です。なお ...

実は最も緩みにくい締め方 見ればわかるとおり、背中の結び目が平らになるので、車を運転する時など、長時間何かに背を持たれか ...

袴下の帯結び 「一文字結び」を「神田結び」と紹介している書籍などもあるようですが、「神田結び」とは、貝の口の変形バージョ ...