// HEAD BAND MENU ?>

袴紐の結び方

何通りもある袴紐の結び方

袴の紐の結び方は、十文字と一文字が代表的ですが、その他にもいろいろあります。一般に、正礼装の時は十文字とされていますが、それ以外でも自分の好みに合わせ、自由な結び方でセンスよく袴を活用しましょう。以下に袴紐の結び方のいくつかをご紹介します。

一文字結び

後ろ紐を前に引き出し、左の紐を
上にして左右の紐を重ね合わせま
す。重ねた後ろ紐を前紐の内側に
上から下にくぐらせます。
後ろ紐を前紐の下に引き出したら
左の紐を上にして中央で交差させ
ます(画像のように着物の衿と同
じく右前になるようにします)。
左手に持った紐(右脇から来た方
の紐)を上に上げます。
上に上げた紐を前紐に絡げるよう
にして下に引きおろします。
右手に持った紐を左側に折り返し
紐を左手で持ち替えます。
下に下がっている紐をもう一度前
紐に巻き付けて、下に引きおろし
ます。
左手に持った紐を端から巻くよう
にして折り畳み、畳んだ紐の中央
が結び目の真ん中に来るようにし
て、結び目の上に置きます。
畳んで横にする紐の長さは、袴紐
の幅の約3倍の長さにするのが一
般的ですが、好みの結び目の大き
さになるよう、調節して下さい。
ただし大きすぎる結び目は見た目
にもおかしく、野暮ったい感じが
します。
下の紐で畳んだ紐の中央を下から
上に巻き込み、前紐の内側を通し
て下に引き、しっかり巻いて結び
ます。下に余った紐は、左右どち
らかの袴の前紐の下に挟み込んで
重ねて隠し、見えないように始末
します。
一文字になった結びが左右対称に
なるように結び目を整えて出来上
がりです。

十文字結び

後ろ紐を前に引き出し、左の紐を
上にして左右の紐を重ね合わせま
す。重ねた後ろ紐を前紐の内側に
上から下にくぐらせます。
後ろ紐を前紐の下に引き出したら
左の紐を上にして中央で交差させ
ます(画像のように着物の衿と同
じく右前になるようにします)。
左手に持った紐(右脇から来た方
の紐)を上に上げます。
上に上げた紐を前紐に絡げるよう
にして下に引きおろします。
右手に持った紐を左側に折り返し
紐を左手で持ち替えます。
下に下がっている紐をもう一度前
紐に巻き付けて、下に引きおろし
ます。
左手に持った紐を端から巻くよう
にして折り畳み、畳んだ紐の中央
が結び目の真ん中に来るようにし
て、結び目の上に置きます。
畳んで横にする紐の長さは、袴紐
の幅の約3倍の長さにするのが一
般的ですが、好みの結び目の大き
さになるよう、調節して下さい。
ただし大きすぎる結び目は見た目
にもおかしく、野暮ったい感じが
します。
下の紐で畳んだ紐の中央を下から
上に巻き込み、前紐の内側を通し
て下に引き、しっかり巻いて結び
ます。
もう一度同じようにして巻きます
が、今度は下に紐をおろすとき輪
にしておろし、指を輪にかけて上
に残っている紐を引きもう一度締
めます。
11上に余っている紐は内側に織り込
んで前紐の内側に挟み込みます。
12結び目の上下左右を整えて、十文
字結びのできあがりです。
十文字の形は、上下に出ている紐
の長さを、左右の紐の長さよりや
や短めになるように整えるときれ
いに見えます。
結び目の位置は写真よりもっと下
でもいいでしょう。袴の紐もやは
り下腹でしっかり結びましょう。
結び目の上下位置は、袴の前紐を
締める位置で決まります。結び目
が帯に近すぎるとだらしなく見え
ます。

重ね片結び

後ろ紐を前でしっかりと交差させ
ます。
左の紐を先に結んだ袴の前紐の下
から上にくぐらせます。この時、
上に引き出した紐は二つに重ねた
ままにして長さを決めます。
右の紐も半分に重ねて持ち、上の
紐を上から下に降ろします。
そのまま普通に片結びにして上に
引き抜き、しっかりと結びます。

形を整えて出来あがり。紐の長さ
や形はいろいろ工夫してみて下さ
い。
ちなみに、画像の野袴は、横空き
部分を布で覆い、ポケットを付け
た改良袴です。

駒結び(結び切り)

十文字の時と同様に、後ろ紐を前
でしっかりと交差させます。
右の紐を前紐にからげ、下から上
に引き抜きます。
左の紐を上から下に絡げて右下に
出します。
ここで一度しっかりと締めます。
下の紐を上に引き上げ、写真のよ
うに形を整えながらひと結びしま
す。
しっかりと結び切ったら、余った
紐を左右に振り、帯の両脇で袴の
紐に絡げて止め、出来あがり。

左右の紐の絡げ方は、もちろん逆でも構いません。自然に結べる方で結びます。
なお、袴の紐の結び方は、この「結びきり」が普通とされた時代もありましたが、
常にこの結び方で袴を着用すると、すぐに紐が擦り切れて傷んでしまいます。
そこで考案されたのが、十文字結びなどの結び方ですが、 袴の種類や
着こなす状況に合わせて、自由な結び方で袴をもっと活用しましょう。