// HEAD BAND MENU ?>

ようこそ、和装の世界へ

米沢織物組合のみなさんと

このウェブサイトをご覧になっている貴方なら、着物にあこがれや興味を抱いていらっしゃることでしょう。それならば、勇気を出して和服の袖に手を通してみましょう。あなたの家にも一枚くらいは男物の和服が箪笥の底に眠っているかも知れません。きっと和服の心地よさにハマッてしまうこと請け合いです。着物はその字の如く着る物です。多くの人々が着物に親しんでくださることを、そして何よりも、和服に対する熱い思いが、多くの人々の心に甦ることを熱望しています。さあ、ページをめくってあなたも和装の世界をたっぷりとお楽しみ下さい。

このホームページでは「着物・きもの」とほぼ同じ意味で「和服」という言葉を使っていますが、
両者の使い分けに特別な意味を持たせているわけではありません。
和服という言葉は、洋服に対する日本の服という意味で使われるようになった比較的新しい言葉ですが、
今日では「着物=きもの=和装全体」というイメージが強いため、敢えてこれらの言葉を統一せずに用いています。