// HEAD BAND MENU ?>

着物のルールやシキタリと思われている事柄は、必ずしも気にする必要はありません。多くの事項は正装や礼装においてのもので、フ ...

そもそも、庶民の男子の礼装を羽織りと袴としたのは江戸時代の天保以降のことで、男性の第一礼装を五つ紋の黒紋付羽織袴と定めた ...

継ぎ接ぎをする 大柄な人や手の長い人は、どうしても標準規格の反物では裄が足りませんから、幅広のキングサイズと呼ばれる反物 ...

袴は、そのシルエットのカッコよさ、実際につけた時の気分の良さをから、ぜひとも体験していただきたい和装アイテムの一つです。 ...

丹前を浴衣の上に重ねて着るときの着方を「一つ前にして着る」などといいます。これは下の画像をごらんいただけば一目瞭然なので ...

足袋を履いて雪駄を履くと滑って歩きにくいという話もよく聞きます。確かにちょっとした坂道などでは、苦労しますよね。靴と比較 ...

足袋の履き方を説明する理由 「足袋の履き方」についてのページの補足を少し。 このHPでも女性の着付け教室と同じく、足袋は ...

男締め(男〆、おとこじめ) 女性の伊達締めに対し、総じて腰紐用途で使う少し幅広の細帯を男締めと呼びます。なお、各地の旅館 ...

 黒紋付の必要性 もちろんこれは個人の自由なのですが、ことに、「結婚式の衣装としてのみ利用することが目的で新調 ...

町人の紋 「黒紋付羽織袴と紋の意味」でも、紋についてのお話を書きましたが、僧侶の方から、伝統的な町人紋についてのお話を頂 ...

きものの糸 一粒の繭から生糸として取れる糸の長さは、およそ1,000m~1,500mにも及ぶことをご存知でしょうか。 山 ...

和装のキマリゴト? 浴衣についての正式な約束事を訪ねられることがありますが、和装の決まり事にシビアな方の中には、今でも浴 ...